診療科のご紹介

内科

 地域における家庭医として、一般診療から専門に至るまで幅広く対応しております。高齢化が進む現在、複数の病気を罹っている場合も多く、各科とも連携をとり総合的に判断して診療にあたっております。
 対象となる疾患は、高血圧症・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病といわれるものから、神経疾患、心臓病、かぜ・肺炎などの一般感染症、胃腸病、貧血などです。血液検査尿検査をはじめ、X線CTMRI超音波検査脳波検査など新しい機器を用いて診断しております。
 内科外来では、院長をはじめとした専門医が担当いたします。  

 以下の症状にお気づきの方は、お早めに受診して下さい。

   頭痛・発熱・嘔吐・吐き気・咳・痰・のどの痛み
   悪寒・倦怠感・耳鳴り・めまい・ふらつき
   腹痛・下痢・便秘・息切れ・動悸・息苦しさ など
 

 

循環器内科

 狭心症や不整脈、心筋梗塞、心不全などの心臓疾患や肺炎、気管支炎、ぜん息、肺気腫など呼吸器疾患に対して、診断および治療を行っております。必要に応じて、心臓超音波検査(心エコー)ホルター心電図、などの検査を実施します。
 息切れがする、胸が苦しい・痛い、動悸がする、咳や痰が続くなどの症状をお持ちの方は、早めに受診して下さい。

消化器内科

 ウィルス、アルコール、薬物などの原因による肝臓疾患や、胃・腸管・食道などの消化管の疾患などが対象となります。とくに、食生活の欧米化に伴い、大腸 癌などが増えています。これらの消化器系疾患の診断や治療を消化器内視鏡学会専門医・指導医医師が担当いたします。診断や治療には、腹部超音波検査(腹部エコー)腹部CT検査内視鏡検査(胃カメラ・大腸ファイバースコープ)胃・十二指腸X線検査、注腸X線検査などを用いて実施しております。
 対象となる疾患は、食道の病気(食道癌・食道炎等)・胃の病気(胃癌・胃潰瘍等)・腸の病気(大腸癌・ポリープ等)・胆嚢の病気(胆石・胆のうポリープ等)・肝臓の病気(肝炎・肝癌等)・膵臓の病気(膵炎等)があります。

 以下の症状にお気づきの方は、お早めに受診して下さい。
  ■ 腹痛がある
  ■ 血便が出る
  ■ 下痢が続いている など

内視鏡(胃カメラ)検査

■  消化器内視鏡学会専門医・指導医医師による内視鏡(胃カメラ)検査を行っています。

■  予約制となっていますので、外来窓口までご連絡ください

神経内科

 脳血管疾患やパーキンソン病・脊髄小脳変性症などの神経変性疾患、筋疾患などの診断および治療を行っております。必要に応じて、CTMRI超音波検査脳波検査など機器を用いることがあります。
 外来では、順天堂大学脳神経内科医局員の神経内科認定医や専門医が担当いたします。
 歩行時のふらつきやめまい、しびれ、頭痛、けいれん発作などの症状がありましたら、早めに受診して下さい。

リハビリテーション科

 脳損傷や骨・関節疾患、神経・筋変性疾患などによる運動機能障害をはじめ、高次脳機能障害(失語症・失認症・失行症・記憶障害など)、摂食・嚥下障害、コミュニケーション障害など、様々な疾患に対する評価および治療・予防を行っております。

 リハビリテーション科では、リハビリテーション医学会認定医・専門医が担当し、医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、看護師、栄養士、医療ソーシャルワーカーなどから構成されるリハビリテーション・チームにより、患者様の家庭復帰・社会復帰を支援いたします。  

以下の症状にお気づきの方は、お早めに受診して下さい。

 

■  手足の筋力低下があり、以前よりも動きが悪くなった。

■  手足に麻痺がある。

■  歩く時にふらつく、あるいは歩くことができない。

■  食事や更衣、トイレ動作など身の回りの動作がうまくできない。

■  手の麻痺のために箸が使えない、字が書けない。

■  関節の痛み、変形、可動域制限があり、日常生活に支障がある。

■  呂律がまわりづらく、しゃべりにくい。

■  食事や水分摂取の際に、むせたりうまく飲み込めない。

■  その他。

皮膚科

 一般診療から専門の皮膚疾患に関して、診断及び治療を行っております。皮膚疾患は患者さんが直接に触ることのできる体表に生ずるものであり、皮膚には、個人個人の生活が反映され、皮膚疾患の診療は、診察→検査→診断→治療という流れで行われています。

 超高齢化社会が進む現在、色々な病気が混在し、「スキンケア」を中心にパンフレットを使用し説明をしております。

 

主な疾患には、

慢性湿疹(アトピー性皮膚炎を含む)

接触皮膚炎(化粧品・虫・草花など)

尋常性痤瘡(ニキビ)

尋常性乾癬などの難治性疾患

足白癬及び爪白癬

前癌状態及び悪性腫瘍

尋常性疣贅(イボ)

蕁麻疹

 

などがあり、検査(血液検査・真菌検査)及び治療(液体窒素冷凍凝固法)を行ないます。

脳神経外科