医療法人のぞみ会 行動計画

2019年4月01日

職員がその能力を発揮し、個々が専門職としての自覚を持ち、仕事と生活の調和を図り安く勤務できる雇用環境の整備を中心に、下記のように行動計画を策定する。

1.  計画期間

2019年4月1日~2024年3月31日までの 5年間

2.  内 容

 

目標1:現在行っている院内保育施設の活用、短時間勤務体制に加え、就学後職員などの始業・終業時刻の繰上げ、繰下げ(時差出勤の制度)についての活用について検討を行い、運営規定の改訂についても検討を行う。

 

 

<対策>

2019年04月~

育児を行なっている職員が始業・終業時刻の繰上げ、繰下げ(時差出勤の制度)の活用について具体的なニーズ調査と情報収集

2020年04月~

各部門による職員の始業・終業時刻の繰上げ、繰下げ(時差出勤の制度)について管理職より意見収集
2021年04月~ 職員の始業・終業時刻の繰上げ、繰下げ(時差出勤の制度)活用について当法人の規定の策定と職員への周知を必要に応じて検討

 

 

目標2:すでにある育児時期に関する諸制度の周知徹底。

 

<対策>

2022年04月~ 全職員に育児休暇、院内保育施設の活用、短時間勤務体制に関する院内規定の配布
2023年04月~ 周知を図るため研修会の開催